よりによってこんなときにカンジタが!?

 

つい油断して、カンジタ膣炎を発症させてしまったということがあると思います。

 

自分はカンジタにかかりやすい方なのだ、という方なら、カンジタの発症はまさに、カンジタ菌につい隙を与えてしまったという感じではないでしょうか。確かに最近疲れ気味だった。お腹を下していた。歯を抜いて、抗生物質を飲んだ。 心当たりはたくさんあるけれど、2年程前に久々に発症してから、カンジタ菌が暴れだす気配はなかったから油断していた。

 

よりによってどうしてこんなときに!ということ、ありませんか?

 

来週やっと、まとまった休みが取れそうだから友達と温泉に行こうとしていた。せっかく羽を伸ばせると思っていたのに、痒いし、温泉も友達と一緒に入るとき気を遣ってしまいそう。

 

今週末にはちょっと前から付き合い始めた彼の家に泊まりに行く約束をした。とても嬉しそうにしていたから、きっと夜は色々と期待していると思う。

 

ああ台無しだ。温泉ではその彼といかに幸せな週末を過ごしたか話そうと思っていたのに、カンジタになっちゃったからセックスも出来なくて、彼も不機嫌になっちゃって、次の日まで険悪なことに、って話さなくちゃならない?

 

あとついでに、今も痒いから私はやっぱり温泉いいや、って言わなくちゃならない?

 

久々に友達と旅行なのにこれはない!とカンジタ菌を睨みつけることになるでしょう。

 

もう早く病院に行こう。明日、途中で仕事を抜けて、洗浄してもらって、薬もらって……。

 

来週の温泉には間に合うかもしれない。だけど今週末のお泊りはどうなるかな。彼は怒らないかもしれない。でもカンジタって。性病だと思われたらどうしよう。浮気を疑われたらどうしよう。

 

多かれ少なかれ、このような間の悪さを経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか。

 

よりによってこんなときに!というタイミングで、カンジタが発症してしまう。 こんなとき、自宅ですぐに治せるお薬が必要ではないですか?

 

カンジダ膣炎によるデリケートゾーンのかゆみと炎症を鎮めます。

モニスタット7日間用

 

 

次のページへ